u18413464.jpg子宮内膜症の症状と治療
               ~子宮内膜症を乗り越えて~
現代は女性の早熟(初潮が早く来る)、晩婚化が進んでいる為に 子供を産む年齢が高齢化しているなどから 子宮内膜症を患う若い女性が増えているそうです。
スポンサードリンク

子宮内膜症はとても辛く、日常生活に大きな影響を与えます。 どのように影響を与えるのか?激しい生理痛や性交痛などが あげられるでしょう。 子宮内膜症とは?子宮内膜症の治療方法、専門家は? 子宮内膜症を知り、子宮内膜症を乗り越えましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

子宮内膜症・子宮筋腫の検査(診察)について 

子宮内膜症・子宮筋腫の検査(診察)

子宮内膜症なのか?それ以外の婦人病(子宮筋腫など)なのか?の
確認する為にはいくつかの検査をする必要があります。

・問診
・内診(触診)
・膣鏡診・・・触診とセットで行なわれることが多い。
・経膣超音波検査(エコー検査)
・ソノヒステログラフィ
・MRI
・子宮卵管造影検査
・血液検査
・子宮鏡検査
・腹腔鏡検査
・子宮鏡検査


これからの検査を診断の必要に応じて行ないます。
症状の度合いによって、より多くの検査をする事になります。
経膣超音波検査は性体験のない患者さんに対しては行なわれない事も
ありますので、医師に相談してみましょう。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

婦人科を受診する前に書き出しておくこと 

子宮内膜症などで、婦人科を受診する前に書き出しておくこと

・今現在の自覚症状について具体的に説明できるように
いつから?どの程度?その症状が再現する頻度は?どんな具合に?
をしっかりとメモしておく。
・初潮の年齢と時期
・最終月経開始日と生理期間、量、状態
・出産の有無(流産、中絶の回数)
・性行為の経験の有無
・病歴(手術の有無)
・おりものの状態
・最後に受けたガン検診の時期と結果
・家族の病歴
・アレルギーについて何かあればまとめておく。
・現在の薬の服用状況


これらをスムーズに医師に説明できるようにまとめておくと
診察の際に役立ちます。
いざ医師を前に説明をしようと思っても、メモがないと十分な
説明ができない事が多いものです。正しい診断の為にも、
自分の体についてまずは自分が事前に把握しておきましょう。


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。